気をつけたい病気|授乳服は通販で購入できる|可愛く便利に快適に

授乳服は通販で購入できる|可愛く便利に快適に

赤子

気をつけたい病気

赤ん坊

遺伝が一番の原因

生まれたばかりの赤ちゃんが一番なりやすい病気が、アトピー性皮膚炎です。アトピーとは、手足の関節、顔、耳の裏側などに湿疹が集中してできる症状です。たいていの場合、肌がひどく乾燥して強いかゆみを伴うものです。そのため、赤ちゃんが強く引っかいてしまい、症状はなかなか治まらないです。アトピーになりやすいのは、両親もアトピーだったという赤ちゃんです。アトピーは優性遺伝子といって、遺伝しやすい病気なのです。両親の片方がアトピーの場合は2倍、両方の場合は4倍もアトピーになる確率が高くなります。その他にも、ダニ・ハウスダストなどのアレルギー体質の赤ちゃんもアトピーになりやすいです。いずれにしても、生後4カ月の時期に発症しやすいので注意が必要です。

症状の緩和のために

症状を緩和するには、保湿剤で丁寧に患部をケアする事が大事です。そもそもアトピーの肌は、傷ついた皮膚から食物やダニなどの抗原が侵入しやすい状態です。抗原が侵入すると、体は異物が入ってきたと勘違いしてアレルギー反応を起こします。すると、ますます皮膚に炎症が起こり、痒みを伴う湿疹がひどくなります。しかし、患部に保湿剤を塗れば、皮膚のバリア機能を上げる事ができます。よって、発症した症状をだいぶ抑えることができるのです。保湿剤を選ぶ際は、皮膚の水分を保持する効果のあるセラミド入りを選ぶと良いです。セラミドには、アトピーで炎症を起こした肌に潤いを与えてくれます。そのため、外から補給する事で、肌の状態が安定します。

Copyright©2016 授乳服は通販で購入できる|可愛く便利に快適に All Rights Reserved.